便秘に効く食べ物について

便秘で悩んでいる人は多いですが、その際に巷でもよく言われているのが、食物繊維を摂取すると便秘には効果的だと言う話です。

野菜をあまり食べないで偏った食生活をしているとどうしても便秘になりやすくなってしまいます。

食物繊維には便の量を増やして腸のぜん動運動をを促すと言う効果があります。そのため野菜不足の生活をしていると食物繊維が不足してしまって便の量が少なくなって便秘になってしまいます。

そのため便秘には食物繊維が大事だと言うことは間違いないです。

ただ便秘には食物繊維が大事なことくらいは知っているので、野菜を沢山摂取しているという人もいると思います。

しかしそういった人の多くはサラダしか食べてないという人が多いです。実はこれではあまり便秘に効果的ではないのです。

ではどういうことなのでしょうか?

食物繊維には不溶性と水溶性の2種類がある

そもそも食物繊維には不溶性と水溶性の2種類のものがあり、サラダなどに多く使われているレタスやきゅうりなどには、不溶性の食物繊維が多く含まれています。

そのためどうしても水溶性の食物繊維が不足しがちになってしまうので、便秘の解消には不溶性と水溶性の食物繊維をバランスよく摂取する必要があるのです。

つまりただ食物繊維を摂取すれば便秘に効果的だというのは間違いだと言うことです。食物繊維の不溶性と水溶性の2種類のバランスを考えて摂取するのが大事になってくるのです。

不溶性が多く含まれている食品としてはレタスやきゅうりなどがありますが、水溶性の食物だとどのようなものがあるのでしょうか。

いくつか例をあげると、りんごなどのフルーツや、こんにゃく、海藻類などに多く含まれています。

便秘に効く食べ物について知りたいなら、こういった食物繊維のバランスを考えて摂取すると効果的なので是非参考にして見てはどうでしょうか。債務整理ランキング