脚のむくみと便秘の関係

便秘がある人で、さらにむくみがあるという人は意外と多いです。よく、イスに座ってデスクワークなどを一日中しているような人の場合には、脚のむくみに悩んでいるという人も結構多いのではないでしょうか。

なんとなくむくみという言葉で片付けていますが、自分の脚にむくみがあるかどうかというのはどうやって判断すればいいのでしょうか

方法自体は簡単で、指で足首やふくらはぎをギュッと押してみて、押した後のへこみがすぐに消えないような感じで、跡が残っているという場合にはむくみの症状があると判断していいと思います。

たまに内臓疾患などが要因でむくみが出ることがありますが、そういった病的な要因がなく、むくみが気になるという場合には便秘が大きく関係している可能性があります。

では具体的にどういった関連性なのでしょうか。

むくみと便秘は原因が一緒?

むくみが起こる要因としてあげられるのが、血液やリンパ液の流れが滞っていることによるものになります。

交感神経の影響で体が緊張するようになると、筋肉も緊張して硬くなるので、それによって血液の流れが圧迫されてしまいます。そうなると血液の流れが悪くなって、皮膚が乾燥して、腸の動きも悪くなってしまいます

つまりむくみによって血液の流れが悪くなると、むくみはもちろんですが、便秘も併発する可能性があるということです。むくみやすいという人は便秘にも注意するようにしたほうがいいかもしれないですね。

応急処置的な対策方法としては、軽く体を動かして、全身の血行をよくすることが大事になってきます。デスクワークなどでずっと座り続けているような人でも、1時間に1回くらいは立ち上がったりしてストレッチをするようにするといいと思います。

まずは血行をよくするようなことを行うようにするといいです。

ちなみに当サイトでは便秘をスッキリ解消する下剤に頼らない便秘解消のやり方を載せているので参考にするといいです。現在では色々な便秘改善グッズなどもあるので、是非参考にして見てはどうでしょうか。葬式費用が安い